生活の中で起こるトラブル解決方法が分かる!

法律の専門家・弁護士について

人間は何かしらのトラブルに巻き込まれた時、法律に関わるものであれば弁護士に依頼して弁護や助言をしてもらい、時にはトラブル解決に協力してもらいます。
弁護士は法律事務を処理することを専門の仕事としており、世界各国で活躍している職業でもあります。
弁護士が取り扱う業務としては、主に法律に関する事務的な部分の処理です。
取り扱っている法律の範囲は幅広く、主に一般民事・企業法務・刑事関連・その他があります。
一般民事は、主に私人からの依頼で民事上の法律問題を取り扱います。
私人とは簡単に言えば公権力を持たない一般市民であり、取り扱う依頼も様々です。
例えば、過払い金の請求などもこちらにカテゴライズされます。
基本的には民事事件・消費者事件・家事事件・損害賠償請求事件・労働事件など様々な分野を担当します。
ただし、これらは必ず裁判を起こすケースのものではなく、中には示談など交渉のみで解決するものもあります。
企業法務は、依頼人が法人である会社である物を取り扱います。
法人だけではなく私人も扱うことがあり、場合によっては一般民事として取り扱われる場合もあります。
内容としては、商事事件・労働事件・傷害事件・企業統治・ファイナンス・M&A・税務などの分野に分かれます。
刑事関連は、よくドラマなどでも見られる分野であり、被疑者や被告人の弁護を取り扱うものです。
つまり依頼された時点で裁判は確定しており、公判における法廷活動以外にも不起訴に向けた運動・示談などの交渉など様々な活動を行います。